メインイメージ画像

カーシェアリングの利用料金の仕組みとガソリン代について

カーシェアリングの特徴ですが、カーシェアリングといったサービスを利用する場合、料金はかかります。その料金には、多くの要素があるのです。基本的にそのサービスの料金は、時間単位で計算される傾向があります。つまりコインパーキングなどでは利用時間に応じて料金が発生するのですが、カーシェアリングにもそれと同じような一面があるのです。例えば3時間未満の利用の場合、料金は2000円前後で、6時間の場合は4000円などの金額です。つまり利用した分だけ、料金が発生する事になります。



ですが、実際の料金の体系を見ると、長時間利用の時には、時間あたりの額が低めになる事が多いです。前述の事例のように6時間で4000円になるのではなく、3000円台になる事もありえます。また9時間使った時には、6000円台でなく5000円台などの具合です。つまり長時間利用すれば、それだけ1時間単位での料金が低くなるケースが多いです。

更に料金には延長もあります。前述の3時間コースを使った方が居るとして、実際に利用した時間が4時間だったとします。

その場合は2000円ではなくて、2700円や3000円などになるケースが多いです。このように時間あたりの料金が適用される事になっているのですが、それは会社に確認する必要があります。それが高めな会社もあれば、逆の会社もあるのです。A社の場合は1時間毎の料金が600円前後ですが、B社の場合は800円前後などの具合です。また期間限定のキャンペーンなどが実施されている時には、その料金が低くなる事もあります。

本来ならば1時間につき800円の料金が発生するのですが、何らかのキャンペーンが行われている際は、700円台などの様相です。

そしてカーシェアリングを活用している方々は、よくガソリン代を気にしています。ガソリン代がかかるのではないかと心配な方もみられるのですが、そのサービスにガソリン代は必要ありません。上記された3000円や5000円等の料金の中には、ガソリン代も含んでいるためです。要するに、ガソリン料込みという事になります。